2020年1月24日、人妻熟女デリヘルとして有名だった「奥様鉄道69」を運営する株式会社ファイナルステージの社長と役員、従業員数名が逮捕されたと報道されました。

参考:売春あっせん、容疑者19人逮捕 72億円売り上げか:朝日新聞デジタル

逮捕容疑は「女性従業員を派遣して売春相手として引き合わせた」という、よくある管理売春です。

元従業員や利用客から聴取するなどして捜査を進め、違法なあっせんが常態化している疑いがあるとみていたようです。

人妻デリヘル嬢がは本番行為なしに稼ぎにくい事情はある

デリバリーヘルスは本番行為がないのが基本です。ですから「スタッフから本番行為を勧められる店では働かない」のが鉄則です。

しかし、絶対に本番しないでお仕事するのは難しいです。本番交渉は絶対にありますし、お客さんを集めるのが難しくなってくる40代ともなれば円盤を武器に稼ぐのもある程度しかたありません。

人妻デリヘル嬢が摘発されない店を選ぶためには?

本番行為に関して人妻デリヘルの選び方は次の3つがあります。

1.女の子側から本番行為を持ちかけるのは絶対に禁止の(バレたらクビになる)お店で働く
2.本番行為が暗黙の了解になっているお店で働く(薦めないがダメとは言わない)
3.スタッフから本番行為を勧められるお店で働く(管理売春)

1つめのタイプの店で稼げるならそれが一番良いです。しかし、人妻専門店で1つめのタイプのお店は少ないです。2番目が多く、摘発された奥鉄は3つ目のタイプだっただけでしょう。過去に摘発されたサンキューグループも3つめのタイプで

「本番行為も円盤(オプションで本番行為をもちかける行為)は基本的にダメです」と軽く断る程度のお店を選ぶのが妥協点になってくるのではないでしょうか。

管理売春とは?

管理売春とは、女の子を自分の管理下で売春させる行為のことです。

日本では法律(売春防止法)で禁止されており、売春防止法12条では「自己の占有、管理する場所又は指定する場所に居住させ、これに売春をさせることを業とする罪」とされています。

ソープランドで「個人事業主であるコンパニオンと顧客がたまたま自由恋愛の関係になった」という建前があるのは、管理売春とみられないためです。

デリバリーヘルスで「客が何を求めてるかわからないの?本番だよ。本指名客を取りたいなら本番しようよ。」と持ち掛けるのは管理売春だから違法だよ、というわけです。