風俗店でを営業していくためには、性風俗関連特殊営業の届出を出して営業しなければいけません。

届出は風営法という法律によって定められているため、無届出・無許可営業しているお店で働くと、警察のガサ入れが入ってしまいます。

また、違法な風俗店は18歳未満の高校生や中学生を働かせていることもあります。そんな店で働くと、あなた自身が逮捕されるリスクがあるので要注意です。留置所で「18歳未満だと知ってたのではないか?」と問い詰められ、場合によっては刑事裁判になって前科がつく可能性もあります。

そんなことにならないように、自分が働く風俗店が営業届を出しているかどうかは確認しましょう。当サイトで紹介している風俗求人サイトでは、届け出を出している風俗店しか掲載されていません。違法風俗店で働いてしまうリスクを減らすことができます。

違法風俗店の見分け方

  • 分かりやすい場所に営業届け出を提示している
  • 違法なサービスがない
  • きちんとお給料を支払わない

違法な風俗店では、法律で禁止されているサービスを提供していることがあります。

ファッションヘルスやデリバリーヘルスで本番(挿入行為)することはできませんが、店側が本番行為を強要していることもあります。これは売春を管理する行為なので、そんな店に当たってしまったらすぐに辞めて逃げてください。

辞めようとしても無理に引き止められるのであれば、警察へ行って匿名で相談しましょう。