lady1

面接へ行っても採用されない…。もうこの年だと激安店しかないのかな?

こんな悩みを抱えて激安店を検討する女性は少なくありません。

風俗系のメディアで激安デリヘルが話題になりますが、実際に風俗の激安店ってどんなところでしょうか?

一応メリットもありますので、激安店の特徴について紹介します。

激安店は基本的に薄利多売

激安風俗店には次のような特徴があります。

  • 在籍女性の年齢が高い
  • 太っている女性が多い
  • 全体的に料金が安い
  • 最低プレイ時間が短い(デリヘルでも30分~)
  • オプションがとにかく充実している
  • 無料オプションが他店の有料オプション級の過激ぶり
  • 女性に本番を強制して摘発される店もある

激安店は薄利多売の商売なので、数をこなして稼ぐのが基本です。

激安店で働くメリット

激安店の場合、ルックスがよければすぐにナンバーワンになれます。

ランキング上位にくれば指名料が入りますし、バック率を高く設定している店もあります。激安店でもナンバー嬢になれば回転率は良くなり、それなりに稼ぐことが可能です。

激安店で働くデメリット

当たり前ですが、とにかく稼ぎにくいです。指名されることは少なくてフリー(指名なし)のお客さんが多くなります。

元々低料金なので給与バック自体が低いだけでなく、普段から指名をしない人が多いので指名料も期待できません。

激安店は過激なサービスを売りにしていることが多い

以下の画像はとあるデリヘルの無料オプションですが、他店では有料でもやってない超過激な事が並んでいます。

激安店の無料オプション

「女性によってはできない」という注意事項は書いてあっても、そういう客層なんだと考えたほうがよいでしょう。

店によっては在籍女性に本番行為を強制して摘発されるケースもあります。

働いてはいけない激安店もあります。必ず男性客向けのホームページを確認しましょう。

【おすすめ】激安を売りにしてない『熟女店』で働く

『激安』を売りにしている時点で客層は厳しくなります。実際にお客さんが支払う料金は同じでも、激安を押し出してないお店を選んだ方が客層が良くなります。

50代がメインの熟女店に応募するのもおすすめです。40代なら在籍女性のなかでかなり若くなりので、お客さんの目に止まりやすいです。

熟女店を利用する客層はがっつくタイプではないのもおすすめポイントです。

少しでも条件の良い店を見つける方法

在籍店によって稼げる額はかわりますから、少しでも集客力が高く条件の良い店で働くことが大切です。

激安店への応募を考える前にするのは『スカウト機能のある大手求人サイトに複数登録すること』です。顔写真付きで登録すれば店の人事担当者の目に留まりやすく、オファーを受ける確率も高くなります。

登録にかかる時間は1サイト2分~10分程度です。悩んでいるくらいなら複数の求人サイトに登録してチャンスを広げましょう。