40代でもピンサロで働くことはできます。人妻系の風俗店の需要は高く、ピンサロでも人妻・熟女さんが活躍しています。

首都圏エリアなら、大塚、巣鴨、蒲田、赤羽、平塚などで40代女性が多く働いています。

40代でも働けるピンサロの見つけ方は?

おすすめの方法は、求人サイトのスカウト機能を利用するやり方です。

サイトに登録後、プロフィールに「ピンサロ勤務を希望しています」と記入しましょう。『あなたのことを採用したい』と思っているピンサロの店長さんからオファーがかかります。

オファーをくれたお店だけに絞って連絡すればよいので、効率的に働けるお店がわかります。

40代におすすめの求人サイトはこちら

ただし、「どうしてもピンサロで働きたい」という希望がない限り、ピンサロ以外の風俗店で働くことをおすすめします。

実際にピンサロ以外のお店を探した方が早く働けるケースも多いです。

ピンサロでは若い子のお店が増えている

人気のあるピンサロで働いているのは、10代から20代女性が圧倒的に多いです。

ピンサロを利用する目的は『ヌくこと』です。ピンサロを利用している人の多くお小遣いの少ない若い人なので、人気店で働いているのも20代女性がメインです。

最近は学園コスプレ系のピンサロに人気があり、人気店で採用されているのは30歳くらいまでが限度で、40代ともなればまず採用されません。

安全面でも稼ぎでもピンサロ以外の風俗店がおすすめ

風俗で稼ぐために大切なのは「どこの店で働くか」です。特に重要なポイントは次の2点です。

  • お店のコンセプトが自分に合っている
  • お店のシステムや客層が、女性が稼ぎやすいものになっている

どうしたってピンサロの客層は悪いです。「ヌキ」が目的ですからリピートも取りずらく、客単価も他業種と比べて低いです。

ピンサロはシャワーがないため、オシボリでペニスを拭くだけです。衛生面に問題があるので、あなた自身の免疫力にも影響があり、性病のリスクも高くなってしまいます。

ピンサロ並みにハードなサービスができるならデリヘルやソープランドをおすすめします。

お客さん一人あたりの単価が高くなりますし、基本料金に対する指名料がそこまで高くならないので、リピートの取りやすさも大きく変わってきます。